きれいなトイレにする方法と保つ秘訣

この記事をシェアする

掃除のプロも実践!きれいなトイレ掃除法

トイレは、きれいにすることも大事ですが、それをいかに長く保てるかが重要となります。
とはいえ、休日にわざわざトイレ掃除をするのも勿体ないので、毎日の数分できれいを保てる方法とコツをお伝えします。
まず、ポイントは2つ、「汚れが軽度なところからスタート」「取り掛かる場所は上から」です。
汚れがひどい所が目に付き、そこから始めたくなりますが、汚れがひどい所から始めると、それに使う掃除用具で他のところがまた汚れてしまったり、目には見えない菌も広がり、不衛生なため、汚れが軽い所から取り掛かるのがポイントです。
次に、掃除をする場所の順番ですが、天井や壁に付着しているほこりや汚れは、重力によって下に落ちてきます。
そのため、下からやると、最後にまた床を掃除することになりますので、上から進めていくと効率よくできるでしょう。

毎日は軽度、週一は丁寧な掃除で完璧

皆さんが思い描いているトイレ掃除は、落ちにくくなった汚れを一生懸命擦って時間もかかるものだと思いますが、まずは、その意識を少しだけ変えてみましょう。
毎日使うところだからこそ、毎日少しだけ簡単掃除をすることが、実は一番、きれいを保つための近道であり、意外にも面倒にならない方法だと言います。
皆さんがイメージしたトイレ掃除を毎日行うのは大変ですが、もっと簡単で数分で終わるものであれば、朝、トイレから出る時のついでにでき、これが習慣になれば、トイレ掃除なんて面倒にも億劫にもなりません。
その方法は、平日の比較的忙しい日は、朝一のトイレ使用時に便座と便座周辺をトイレシートで拭くだけです。
便座含め周辺が一番汚れるため、その部分に汚れを溜めないようにします。
そして、週末はブラシやスタンプ、トイレに掛かっている手拭タオルで平日よりも少し丁寧にやれば、一生懸命擦ることもなく、きれいを保つことができるのです。