掃除したくない場所NO.1

この記事をシェアする

使用頻度は多いのに、掃除頻度は少ない謎

掃除は面倒…でもきれいなトイレに入りたい、なんて矛盾してますが、実は多くの人が思っていることでしょう。
また、折角きれいにしてもすぐ汚くなってしまったり、溜めてしまうと、更に掃除へのやる気が失われ、かと言ってせっかくの休日を返上してまでやりたくないのが心情です。
トイレ掃除は、他の場所と違って、汚れやすく、溜まった汚れを落とすのにも時間がかかるため、避けて通りがちですが、溜めれば溜めるほど、益々汚れは落ちにくくなります。
さらに、便座の裏側やタンク下など、構造的に手が届きにくいというのも面倒になる要因の1つでしょう。
しかし、それは、汚れが溜まってからトイレ掃除をしているから、そのスパイラルになるのであって、汚れを溜める前に対処できれば、見方も変わってくるはすです。
毎日、がっつり掃除する必要はありません。
たった3分でも、軽い掃除ができれば、面倒という気持ち自体変わる可能性が大いにあります。

トイレ掃除が面倒と感じる人へ有効な掃除法

突然ですが、皆さんはどのようにトイレ掃除をしていますか?
私は、日々の仕事や育児が忙しいことを理由にして、トイレ掃除を後回しにし、気付いた時には大掃除並みにやらなければいけなくなっていますが、同じような方も少なくないようです。
掃除を頻繁にやっていないと、便器内には黒ずみが発生します。
黒ずみの原因は、ほこりとカビです。
黒ずみ除去には、アルカリ性のクリーナーを使用しましょう。
現在は、強力なクリーナーが出ており、便座内の汚れ部分にかけて数分から数十分放置するだけできれいになります。
また、スタンプを併用して使用すれば、汚れ不着しにくくなるため、キープにも役立ちます。
あとは、尿の飛び散りを放置すると、強烈な臭いが発生しますので、クリーナーシートで、便座と便座周りを拭いておくとよいでしょう。
臭いと黒ずみを除去できるだけで、だいぶ変わります。
皆さんの掃除方法と比べ、是非取り入れてみてください。